解説が充実

HGさんの音楽センスのあふれた解説で
さらに楽しくなりますね。
うんうん、オープニングの、壮大なイメージのトランペット
いかにも、何かが始まる幕開けのよう。
生でカラヤン+ベルリンフィルの演奏を
聞いたなんてすごい。
リズムの打ち方の違いが分かるのもすごいです。
お仕事はサボってないよ。
ゆゆにはあまり重要でない
プレゼンの会議中に計算しただけれ~す。
 
takakoinochiさんの読み始めた
2010:odyssey two 
HALがなぜミスを犯したのか
ボーマン船長はどこにいるのか
木星の軌道でボーマン船長が見たモノリスは
色々ななぞを解くために、アメリカの科学者3人
フロイト博士
HALの生みの親チャンドラ
ディスカバリシステム設計者ウォルター
それに、7人のソビエト宇宙飛行士が、
アレクセイ・レオーノフ号で
ディスカバリー号の回収に出かけるストーリー
これ以上は内緒
 
ノーザラントさん
コメントありがとうございます。
用紙は コクヨのA3厚紙用紙を使っています。
厚みは0.215mm レーザープリンターを使っていて
裏も印刷(実はうまく位置が合わなかったのでアクリル絵の具で彩色してます。)
しているので、紙が硬くなったり、接着剤のはじきが目立っています。
光沢紙を使わなくても 光沢感は出るのはメリットですけど
身長が約80cm、奥行きが約20cm、幅約50cmと
大きくしてもなるべく場所をとらないモデル 彩未ちゃんを使わせていただきました。
これも会議中に、ノートの端に計算した結果です。
大きくしたことによるメリット・デメリット
苦労点や、やさしくなった点、
作り始めて色々発見があります。
またご紹介しますね。
 
 

One Man Space Pod 
アルバム「SPACE POD」に追加しました
・・・・・・POD019
ポッド後部の入り口の部品
 
まび風彩未です
 

アルバム「彩未」に追加しました。
・・・・・・彩未009~013
彩未ちゃんのお顔の製作

 
 
広告
カテゴリー: ペーパークラフト パーマリンク

解説が充実 への1件のフィードバック

  1. takakoinochi より:

    HGさんの解説を読んで
    無性に聴きたくなりLPの棚から「2001年」のサントラ盤を
    引っ張り出してきて
    思わず聴き入ってしまいました。
    サントラを聴きながら小説を読んでいると
    時の経つのを忘れてしまいます。
    その結果読み終わってしまいました。充実した時間を過ごすことができました。
    その分寝不足ですが・・・
    今日は雨降りだからまだ救われます。
    今日からは2061:odyssey three 「2061年宇宙の旅」を読み始めます。
    愛しの「マリア」さんがヤキモチ妬くカナ?
     
    HGさん。本当に好きなものは何度でも観たり聴いたり創ったりできますね。
    その度に新たな発見がありますから。
    クラシックにも精通なされていらっしゃるのですね。
    今度、是非御教授いただきたいと思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中