B186のモデルのこと

今作っているベネトンB186のペーパーモデルの
展開図設計者のsinさんが来てくれて、
コメントを頂きました。
 
このモデルとてもカラフルで
作っているととても楽しいです。
リジェと比べて、ディテールアップの要素が
すごく盛り込まれています。
大胆にも、この自動車に最大のディテールアップを
施す予定です。
 
リアウイングはすでに分割して作っています。
サイドポンツーンも切れ込みを始めています。
すごく細かいので、切り落とさないように
細心の注意で カットしています。
その他、シートベルトの癖の付け方
細いアンテナ2本とバックミラー
リアのジャッキアップ用のフックや
エギゾーストパイプも2本出ています。
 
組み立て図も、多くの写真で解説されていて
わかりやすいです。
サスペンションアームだったと思うけど
1部パーツ番号が逆のがあったような気がしてますが
組み立てには差し支えないかもしれません。
 
シャーシはエアーインテークと リアカウルの一部以外は
印刷面がすべて中に隠れてしまいます。
車体下のシャーシは、真っ白ですから
ここは黒の貼り合わせがいいかもしれません。
黒でタッチアップもひとつの方法ですね。
 
テールエンドのパイプ状ものも、裏が白になってしまいます。
このパイプの端はどこにつながるのでしょう?
 
ペーパークラフトはMET MANIAFANさんの

Benetton  B186です
アルバム「ベネトンB186」に追加しました。
・・・・・・B186 42~48
 
広告
カテゴリー: ペーパークラフト パーマリンク

B186のモデルのこと への3件のフィードバック

  1. takakoinochi より:

    師匠!
    今回は特に気合が入っていますね!
    トンデモナイ作品が出来上がることでしょう。
    楽しみです!
    日々の更新を心待ちにしています。
    私も頑張らないと!!
    スランプも光が見えてきましたので何とか脱出できそうです。
    これも師匠をはじめ皆様のおかげです。
    ありがとうございました。
    感謝しています。

  2. HG より:

    F1マシンの事、かなり勉強したね。 今度の作品は細かい部分もきちんと
    作られそうで、楽しみだ。 ゲルハルト・ベルガーも喜ぶよ。 ドライバーは
    居ないのかな?  リジェのモデルもあるの? 懐かしいチームだなぁ。
    今シーズンのF1も終了して、ルイス・ハミルトンがワールドチャンピオンになったけど、
    来年は、タイヤがスリックに戻るから、また面白いレースになると思う。
    10月は鈴鹿の風になります。

  3. kenken より:

    スゴイ事になってますね!
    こんな展開図作る人も凄いけど、それをさらにディティールアップ
    るとは・・・「ゆゆさん」のエンジン全開ですか?
    背景の写真も変わって、勢いを感じます。
     
    今のところ勢いが無い私ですが、今日ハードルを
    1つ超えたところです。(倒したかも知れませんが・・・)
     
     

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中