GLADIATOR

冬仕様のGLADIATORになっている証拠に
車輪の代わりに、スリッパみたいな
雪の上をすべるフロートが付いてます。
水の上のフロートと違って
すごく小型です。
雪のないところには降りれないですね。
 
1:60 SCALE
GLADIATOR複葉機。
 
アルバム「GLADIATOR」に追加しました。
・・・・・・GLADIATOR26~30
 
そうそう、国立科学博物館のガイドさんに聞いた話ですけど
ゼロ戦の操縦性の良いのは
車輪が翼の中に格納されて
抵抗をなくしたからだそうです。
アメリカの飛行機は まだ車輪が出たままだったんだって
そんなゼロ戦の弱点は、エンジンのパワー不足で
急上昇・急旋回で、後ろににまわられてしまうこと
勉強になりますね。
 
小型船舶操縦士の免許はパパと取りに行って
船舶免許の改定で、2級に格上げになりました。
 

 
広告
カテゴリー: ペーパークラフト パーマリンク

GLADIATOR への2件のフィードバック

  1. アン より:

    しましまゼロ戦はひょうきんでかわいいね~~~~!雪専用のフロートってあったんだぁ~~ひとつ利口になれたじょ^^

  2. HG より:

    GLADIATOR完成だ! カッコいいね。 車輪の代わりについてるのは、ソリでしょ?冬仕様のGLADIATORだったんだね。 ゼロ戦は沢山作ったよ。 引き込み脚と軽量化で操縦性能がよかった、でもほんの一時だったね。 グラマンがヘルキャットを開発してからは、やられてばっかり。 ゼロ戦は、防御がなかったから、よく燃えた。アメちゃんは大馬力のエンジンで速度は出るわ、武装は凄いわ、 ハードウェアでは完敗だ。でも、パイロットの技術でなんとか頑張れたんだよね。 ゼロ戦の栄というエンジンを作った中島飛行機のエンジニア達は、終戦後 車を作ったんだ、 はい、スカイラインのご先祖をね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中