ISSへ

ソユーズでISSに向かった野口さん
もうそろそろドッキングかな
旧ソ連の時代から、このソユーズは
モデルチェンジしていないんだって
なんだか、ロシアのロケットって
怖そうだけど、かなりの打ち上げ回数で
大きな事故はないので
安全性はかなりのものですね。
発射も、ガガーリンが打ち上げられた
バイコヌールで
ロケットも、発射基地も同じもので
開発用のコストを抑えているんですね。
 
打ち上げのニュースを見ていて
不思議に思ったこと
発射10秒前に、一段目と二段目のロケットに点火
一緒になんで、二段目のロケットにも点火するの?
不思議です。
 
またトイトレインに戻ります
Canonクリエイティブパークからトイトレイン
を作ります。

アルバム「トイトレイン」に追加しました。
・・・・・・トイトレイン116~119
 
takakoinochiさん
あは、ゆゆですよぉ~
 
HGさん
あは、よく気が付きましたねぇ~
 

広告
カテゴリー: ペーパークラフト パーマリンク

ISSへ への5件のフィードバック

  1. takakoinochi より:

    野口さんは5ヶ月もの間、宇宙に滞在するそうですね。無重力のなかで長期滞在するのはどんな感じなのでしょう?5ヶ月とはいいませんが2~3日でも体験してみたいですね。今回はお寿司を握るそうで一体どのようなお寿司が出来上がるのか凄く興味があります。豆まきもやる予定だとか。無重力で豆をまいたら大変なことになりそうな気が・・・此方も興味がありますね。

  2. HG より:

    へええ、2段目にも一緒に点火するの? いやぁ~、なんでだろう?しかし、スペースシャトルの後継機がないと寂しいね。 日本版シャトルが欲しいけど、蓮舫にダメと言われそう。

  3. アン より:

    ひとつだけじゃ推力たりないのかな???完成追い込みダネ^^

  4. uhu02 より:

    初の人工衛星スプートニクを打ち上げた頃から基本的に変わってないのがR7という打ち上げロケット部分。1段・2段とはいうけどアメリカのアポロとは違い2段目の周りを4本の1段目が取り巻く形です。(3段目は2段目の上にありますが…)1段2段というから「?」となりますが、日本のH2ロケットでいうと「主エンジンと両脇の補助エンジンに点火」みたいな感じでしょうか。ちなみに発射10秒前に点火するのは、ロケツト自体が重量の関係で発射台に吊り下げられている構造なので、ある程度推力が出ないと発射台から落ちてしまう…点火10秒後に発射台が四方に開く様に倒れます。(アポロと違いますね)参考↓http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%BA

  5. はたぼー より:

    エレベーターに閉じ込められることなんて比べ物にならないぐらい窮屈なんでしょうね。-o-;ロケットは全然知らないけど、いちいち2度点火するなら(点火装置も付けなきゃならないし)一緒に着けちゃえ!って感じじゃないでしょうか?^^;髪型いいですね♡   (あの写真ではさすがにみんな気付くでしょう^^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中